2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2018年4月26日 (木)

カルガモ-10

Karugamoshokuziosumesumizukusa39652
カルガモ-10 ~食事③

 カルガモ、連続18コマの後半の10コマ。同様に水底にある白紋をマーカーとして縦直線上に並ぶように作図している。この縦直線はその後見えないように消している。水中への首の突っ込み方の程度が♂個体と♀個体ではかなり異なっている。♂個体は逆立ちになる位に深く、♀個体は首だけを突っ込む位にである。寄り添った位置にいるのだけれども水深がかなり違っているからだろうか?♂は川底を掻き回しているのだが、♀は生えている水草の葉を狙ったりしているから浅いのだろうか?

2018年4月24日 (火)

カルガモ-9

Karugamoshokuziosumesumizukusa29651
カルガモ-9 ~食事②

 カルガモ、ペアでの食事の様子、連続18コマの前半に当たる9コマ。矢印で示した水底にある白紋をマーカーとして縦直線上に並ぶように作図している。その後直線は見えないように隠している。程々の流れのある川であるが水中に首を突っ込んだ♂個体の位置は殆ど変らず流されている様子はない。♀個体は僅かだけ前方へ移動した後、首を沈め始めている。

2018年4月23日 (月)

カルガモ-8

Karugamoshokuzimizukusa1166401640_2
カルガモ-8 ~食事➀

カルガモ、流れのある川(八尾市楠根川)で観察した食事の様子、連続の16コマ。恐らくは川底に生えている水草を食しているのであろう。WEBでの楠根川や近くの川で観察される水草の例としては例えば5月ではヤナギモ、エビモ、ホザキノフサモ、ホソバミズヒキ、コカナダモ、オモダカなどが挙げられている。

2018年4月19日 (木)

マガモ-9

Magamoosuekuripusuorkouzatushu94045
マガモ-9 ~エクリプスor交雑種⑨

 マガモ、㉒㉓㉔㉕の連続4コマ、f(マガモ)はこれ以降のコマでは画面外になってしまったのでf㉕で最後の図とする。交雑種ではないマガモの飛ぶ姿は本年は得ることができなかった。飛ぶ姿は滅多に見せない種のようであるが、この交雑種は自分はカルガモだと認識していたようで、カルガモの群れに混ざり、そして行動を共にしていたようだ。

2018年4月18日 (水)

マガモ-8

Magamoosuekuripusuorkouzatushu83045
マガモ-8 ~エクリプスor交雑種⑧

 マガモ、⑲⑳㉑の連続3コマ、bは画面外になってしまった。残ったのはc(カルガモ)、e(カルガモ)、f(マガモ交雑種)の3個体、コンクリート土手が背景になった。

2018年4月17日 (火)

マガモ-7

Magamoosuekuripusuorkouzatushu73045
マガモ-7 ~エクリプスor交雑種⑦

 マガモ、⑯⑰⑱の連続3コマ、bとcのカルガモは川面の水面を背景にしているが、eとfはコンクリート土手を背景にするような処まで移動してきた。

2018年4月16日 (月)

マガモ-6

Magamoosuekuripusuorkouzatushu63044
マガモ-6 ~エクリプスor交雑種⑥

 マガモ、続く⑬⑭⑮の連続3コマ、bcef4個体の⑬⑭⑮はそれぞれが同じような姿勢であるが僅かづつ異なって写っている。

2018年4月15日 (日)

マガモ-5

Magamoosuekuripusuorkouzatushu53044
マガモ-5 ~エクリプスor交雑種⑤

 マガモ、➉⑪⑫の連続3コマ、aはa⑫でほぼ画面外になり、bとcはb➉→b⑪→b⑫及びc➉→c⑪→c⑫と離水に至っており、eはe➉→e⑪→e⑫と画面から外れそうになってしまった。マガモ交雑種fはf➉f⑪f⑫と3コマ程度ではほとんど同じ空中姿勢のままで撮れている。カルガモ達も同様だ。

2018年4月13日 (金)

マガモ-4

Magamoosuekuripusuorkouzatushu43044
マガモ-4 ~エクリプスor交雑種④

 マガモ、⑦⑧⑨の連続3コマ、同様に水中の白点マーカーを利用して縦位置が揃うように作図している。利用した縦の直線は表示されないようにしている。かなり複雑になってきた。最も早く離水したdはd⑦で既に1/3は画面外になり、d⑧とd⑨に相当するものは画面外だ。既に離水しているのはfとeとa、新たにbとcも離水を始め、すべてが離水に参加したことになる。

2018年4月12日 (木)

マガモ-3

Magamoosuekuripusuorkouzatushu33043
マガモ-3 ~エクリプスor交雑種③

 マガモ、④⑤⑥の連続3コマ、同様に矢印で示した水中のマーカーが縦位置で揃うように作図している。利用した縦の直線は表示されないようにしている。かなり複雑になってきた。最も早く離水したdはd④d⑤d⑥で画面外へ出そうになってきている。既に離水したのはfとe、新たにaも、a⑤で離水直前の状態、cは離水の挙動を示し始めているが、bはその気配を示していない。ちょっと気になるのは、aだけが皆とは別の方向へ飛んでいこうとしている。集団行動をしない(できない)個体がいるのだ。

«マガモ-2